美肌になりたいなら|サプリを試してみよう

万病のもと

手

病気につながる

冷え症になるとただ体温が下がるということだけでなく、免疫力が低下して様々な病気の原因となります。冷え症を軽くみて放置すると大病になることがあるので気をつけるべきです。冷え症の主な原因のひとつに、自律神経の不調があります。自律神経は内臓の働きを整える機能を持ち体温を調節したり、汗をかくときに重要な役割を果たしているのです。自立神経はストレスを強く受けたり、生活習慣の問題があると乱れやすくなります。また自律神経は冷房が効きすぎた部屋にいても乱れ、冷房に頼りすぎると体温の調節能力が衰えてしまうのです。さらに身体を締め付ける服や靴下を身に着けると血流が悪化して冷え症の原因となります。他に筋肉量が少なかったり、食生活に問題があるときも冷え症になりやすくなります。

予防と対策

冷え症の予防や対策については、まず冷房を効かせすぎないようにすることです。部屋の温度は27度から28度の調整し、外との温度差は5度以内に抑えるようにすることです。また夏に暑いからと言って冷たいジュースなどを飲みすぎるのも冷えの元になるので、控えるようにして温めたお湯にショウガを入れて、飲んだりして内臓が冷えないようにします。さらに食事の量も大切で大食は胃腸に負担がかかって血流が悪くなり、冷えの原因になるのでほどほどの量にしておきます。そして入浴はシャワーで済まさずに温めのお風呂に入り、しっかりと身体を温めることです。積極的に冷え症を改善するにはふくらはぎの筋肉を鍛えるのがよく、ジョギングやウォーキングスクワットなど行うのが効果的です。